佐藤えり奈の英国式ペット心理行動カウンセリング

佐藤えり奈の英国式ペット心理行動カウンセリング

よくある質問

Q.ペット、犬の行動カウンセリングとは何ですか?

A.動物が問題行動を起こすとき、その行動を繰り返すとき、そこには何か原因や要因があります。それを、飼い主さんとのカウンセリングを行いながら究明し、個々に合った問題行動の解決法を提示します。

Q.佐藤えり奈先生のカウンセリングは他のカウンセリングとはどう違うのですか?

A.佐藤えり奈のペット心理行動カウンセリングは、米国の行動学、英国の犬猫の行動心理学を併合し、日本の環境に合わせて行う最新式のカウンセリングです。行動学だけでなく、犬や猫の精神状態やムードを第一に考慮し、飼い主さんとその大切な家族である動物が最も幸せな状態を目指します。

Q.トレーナーさんや訓練士さんとはどう違うのですか?

A.トレーナーさんや訓練士さんは、問題となる犬の行動をコントロールしたり抑制したりする方法を習得していて犬を訓練します。行動カウンセラーは、生態学や行動学の知識を専門的に学び、問題となっている行動の原因をみつけて、飼い主さんに伝え、修正していきます。つまり、飼い主さんのしつけ教室ですね。

Q.問題行動の原因は何ですか?

A.問題行動となっている原因は、動物が置かれている環境や、食べ物、犬種、猫種、性別や年齢によって様々です。同じような症例でも(例:吠える、咬む)原因は異なることが多いので、まずは専門家に診断してもらいましょう。飼い主が問題行動だと思っても、犬にとっては正常な行動であることもあります。また、逆に、飼い主は気に留めていない行動が、実は犬の正常な行動でない場合もありますね。(例:過度の拾い食いや食糞、手足をなめるなど。)

Q.どのくらいで問題行動は治るのですか?

A.短期間で治るときもありますし、何度もカウンセリングを重ねて数か月かかるときもあります。飼い主さんが納得されるまでカウンセリングは行います。1回きりでもよいし、3回コースや5回コースもあるので、カウンセリングを受ける際に決めていただければ結構です。

 

一度カウンセリングを受けてから、行動治療プログラムを実践し、1〜数週間ほど様子をみる必要があります。

Q.カウンセリングは、自宅以外でも受けられますか?

A.通常、問題行動が起こっている状況や環境を把握するために、お家に伺いますが、家は都合が悪いという方でしたら家以外の場所でカウンセリングを受けることも可能です。

Q.ペットというのは、猫や鳥、爬虫類も含むのですか?

A.犬のみに対応しております。

お問合せ・お申込み

佐藤 えり奈

ペット心理行動カウンセラー

 

第一種動物取扱業登録証 登録番号:140071D

 

  • 電話:
    050-3701-0806

営業日

月曜日〜土曜日

10:00〜19:00


299naviにてエッセイ連載中

  • 日々の生活で思うこと、行動学、犬の学習の仕方とは?
  • 詳しくはこちらから!

セミナー情報

2015年11月28日(土)京都にて、will beさん主催のセミナーを行います。下記詳細です。

愛犬ともっと楽しく暮らす方法
愛犬ともっと楽しく暮らす方法.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.2 MB
will beについて.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB

書籍・メディア

イヌの気持ちがわかる67の秘訣(SBクリエイティブ)2015年2月16日発売


2月28日までに予約された方には、本書のイラストレーターさんほたてぃーのさんのスマートフォン用特製デジタルカレンダーがもらえます!

詳しくはこちら


アマゾンで予約受付中

注文はこちらから
注文はこちらから

イヌの「困った!」を解決する

〜おやつがないと言うことをきけないの?飼い主を咬むのはナメているからなの?〜(ソフトバンククリエイティブ) 発売中

 

amazonで購入できます。

All about犬

7月20日のAll about犬に掲載されました。ペット心理行動カウンセリングのお仕事や症例も載っています。

セミナー

9月9日スノードリーム株式会社にて「犬の問題行動」セミナーを行いました。